作品集

SDMを理念とする共同意思決定支援の実際 -コンコーダンスの進め方-

患者さんのリカバリーを支えることは、医療の大きな目的です
患者さんと治療者が情報を共有し、互いに尊重しながら治療を進める。これがコンコーダンスの大きな特徴です。患者さんにはそれぞれに夢があり希望があり、自分で選びたい人生があります。患者さんは自分の思いを素直に治療者に伝え、治療者は患者さんのそうした思いを尊重して治療を進めます。そうした関係性の中から、患者さんのリカバリーが実現していきます。
このビデオは、Shared Decision Making(DSM)を理念とするコンコーダンスという医療の考え方をわかりやすく描いたものです。

監修者 山形県立保健医療大学 大学院教授 安保寛明
価格 30,000円+消費税
収録時間 27分