既刊カタログ

[シリーズ DVDで学ぶ新しいSST]
実践:ワークショップから学ぶSST 第10巻
「前田ケイ・基本訓練モデル」

タイトル
[シリーズ DVDで学ぶ新しいSST]
実践:ワークショップから学ぶSST 第10巻
「前田ケイ・基本訓練モデル」
収録時間 70分
商品仕様 DVD 1枚
価格 5,142円(税込) 本体価格 4,762円
JANコード 4562291260922

第1〜3巻 →第4巻 →第5巻 →第6巻 →第7巻 →第8巻 →第9巻

講師=
前田ケイ
シリーズ総監修=
丹羽真一(一般社団法人SST普及協会 会長)

シリーズ完結
スキルアップに必須の全10本がそろいました。

 ソーシャルスキルトレーニング、いわゆるSSTは、障害によって失われた社会的スキルを、認知行動療法の理論に基づいて回復させていくための支援方法です。
 認知を改善し、その新しい認知をもとにして、行動を変えていく。そして、社会の中で役に立つ実践的なスキルを掴む。つまり、社会で生活する力を回復することを目的とする"生きていく力を造る"支援方法、リカバリーを実現する支援方法なのです。
 このシリーズは、SST普及協会が主催する「全国経験交流ワークショップ」の中から特色のある演題を記録し、DVD化したものです。それぞれの分野で優れた実践を進められてきた講師の理論と方法を、より多くの実践者の皆さんが身につけることで、精神障害に悩む多くの人たちが病気によって失われた力を蘇らせるお役に立てることを願っています。

SSTの多様な展開を支えているのが、
”基本訓練モデル”です

  基本訓練モデルは、認知行動療法の理論に基づくSSTの基本を示すものです。今回は、シリーズの最後を締める第10巻のテーマとして、この基本訓練モデルを選びました。さらに、SSTの第一人者、前田ケイ先生が、現在お住まいの仙台市において個人的にひらかれているワークショップに取材しました。
 ここでは当事者個人を対象にしたものから、家族、グループ、さらに支援者のスキルアップに至る幅広いテーマで行われています。
 前田先生は、最初のSST普及協会認定講師であるだけではなく、認知行動療法がSSTというかたちで実践されるための理論研究においても、現在でも研究を続けられています。
 SSTの実践力を高めるためにも、必須の一本となっています。

チャプターリスト
[解説]基本訓練モデル、とは何か/[実演1]当事者の個人SST/[実演2]家族のコミュニケーションをよくする支援/[実演3]当事者のグループSST/[実演4]支援者のスキルアップ研修

1234

第1〜3巻 →第4巻 →第5巻 →第6巻 →第7巻 →第8巻 →第9巻

製作協力=一般社団法人SST普及協会
製作・著作=株式会社中島映像教材出版


※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る