既刊カタログ

DVDで学ぶ精神科ソーシャルワーク入門 第1巻

タイトル
DVDで学ぶ精神科ソーシャルワーク入門
第1巻 精神保健福祉士の歴史と背景
精神障害者の人権擁護のために
収録時間 30分
商品仕様 DVD 1枚
価格 21,600円(税込) 本体価格 20,000円
JANコード 4562291260892

第2巻「精神科医療現場におけるソーシャルワーク」はこちら
第3巻「包括的な地域生活支援のために」はこちら

監修・解説=
齋藤敏靖(東京国際大学 教授)
第1巻解説=
助川征雄(聖学院大学 教授)

精神障害という重荷は、医療だけでは除くことができない−第1巻解説

 精神障害を持つ人たちは、大きな生きづらさを抱えながら長い間生きてゆかなければなりません。幻聴や幻覚などの症状は、慢性的な症状として残る場合も多く、認知やコミュニケーションに重い障害を抱えている人もたくさんいます。
 そうしたことは、その人の人生に重くのしかかってきます。つまり、精神障害という重荷は、医療だけでは除くことはできないのです。
 そこで、医療と社会生活の橋渡しをするのが、精神科ソーシャルワークという技術です。そして、その技術を活用しながら専門的な援助を展開するのが精神保健福祉士(PSW)です。
 第1巻では、精神医療の歴史と精神保健福祉士の成り立ちを、その歴史を辿りながら解説します。特に、精神科ソーシャルワークにとって重要な人権問題として、戦前の私宅監置やライシャワー事件に代表される精神病患者の隔離政策、その象徴として1969年に起こったY問題を取り上げます。
 この時の事件経過を関係者として見届けた、聖学院大学・助川征雄教授に当時を振り返りながら解説を頂いています。

チャプターリスト

・オープニング
・私宅監置の時代
・強制入院の時代
・ライシャワー事件
・Y問題 人権侵害について
・精神障害者の権利擁護
・精神保健福祉法の改正から現在
・まとめ

1234

第2巻「精神科医療現場におけるソーシャルワーク」はこちら
第3巻「包括的な地域生活支援のために」はこちら

製作・著作=株式会社中島映像教材出版


※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る