既刊カタログ

統合失調症の臨床 第2巻

タイトル
統合失調症の臨床
第2巻 薬物療法と心理社会的療法
収録時間 29分
商品仕様 DVD 1枚
価格 32,400円(税込) 本体価格 30,000円
JANコード 4562291260724

第1巻「統合失調症は脳の病気である」はこちら
第3巻「リハビリテーション」はこちら

総監修=
池淵恵美(帝京大学医学部 精神神経科学講座 教授)
監修・解説=
内野俊郎(久留米大学医学部 神経精神医学講座 講師)

丹羽真一(日本統合失調症学会 理事長) 推薦

統合失調症の現在を伝える
地域生活を見据えた診察と治療のために

本作は、統合失調症という病気の発症のメカニズムから寛解後の地域生活までを、トータルにとらえたビデオ教材です。向精神薬の開発と進歩は、統合失調症の治療に長足の進歩をもたらしましたが、同時に薬害などの新しい問題も産み出しました。なぜいま、薬物療法と心理社会的療法が車の両輪として機能しなければならないのか。これから統合失調症をより深く学ぶために、最新の臨床場面を紹介します。

治療におけるふたつの療法の役割と使い方

第2巻は、治療を中心に、薬物療法と心理社会的療法の意味と進め方について解説しています。統合失調症の治療は、薬物療法と心理社会的療法のふたつが車の両輪のように上手くかみ合ってこそ、効果を発揮します。この巻では、その両輪をうまく橋渡しすることを目指して大学病院で実践されているリハビリテーションの活動を追いながら、患者さんの地域での生活を踏まえた上で行われる治療の実際を紹介します。

チャプターリスト

・オープニング
・精神科病院の役割
・治療の4つの柱
・代表的な抗精神病薬
・抗精神病薬の副作用
・アドヒアランスを向上させるには
・薬物療法と心理社会的療法
・さまざまな心理社会的療法
・リカバリーに向けて

1234

第1巻「統合失調症は脳の病気である」はこちら
第3巻「リハビリテーション」はこちら

製作・著作=株式会社中島映像教材出版


※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る