既刊カタログ

発達障害者のライフスキル支援
[事例編]就労の継続に見るライフスキルとは

タイトル
発達障害者のライフスキル支援
[事例編]就労の継続に見るライフスキルとは
収録時間 30分
商品仕様 DVD 1枚
価格 21,600円(税込) 本体価格 20,000円
JANコード 4562291260618

監修=
梅永雄二(宇都宮大学教育学部 教授)

ライフスキルという言葉を知っていますか?

ライフスキルとは、WHO(世界保健機構)で「日常の様々な問題や要求に対し、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義されていて、10の要素に分けられています。

1. 意思決定能力  2. 問題解決能力  3. 創造的思考
4. 批判的思考  5. 効果的なコミュニケーション能力
6. 対人関係の構築と維持能力  7. 自己認識  8. 共感する能力
9. 感情を制御する能力  10. 緊張とストレスに対処する能力

当事者はどんなことができて、どんなことが苦手なのでしょうか? 支援者はとりあえずの関わりはできますが、長い目で見てその人が地域社会や職場、家庭で自立した生活を送ることをイメージして支援していく必要があります。そのイメージ作りに必要な視点がライフスキルです。このDVDではわかりやすくそれらを解説し、具体的な支援の現場での活用を紹介しています。

事例でわかる、発達障害の特性をとらえた支援のありかた

事例編では障害者雇用を進めている企業の事例を紹介します。特例子会社の富士ソフト企画では、ある社員に困った問題が起きていました。その課題と向き合い解決へ導いて行く事例を紹介します。また無印良品を店舗展開する良品計画で働く青年も職場の内外で様々な課題を抱えていました。それぞれの事例を紹介しながらライフスキルの重要性を学びます。

チャプターリスト
オープニング/良品計画の取り組み/新たな職場を得て/富士ソフト企画の取り組み/日常生活のてこ入れ

1234

[理論編]社会への扉 -ライフスキルの必要性- はこちら

協力=富士ソフト企画株式会社/株式会社良品計画/東京都成人発達障害当事者会 イイトコサガシ
製作・著作=株式会社中島映像教材出版


※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る