既刊カタログ

発達障害の臨床 第1巻

タイトル
発達障害の臨床
第1巻 発達障害の概念/理論
収録時間 43分
商品仕様 DVD 1枚
価格 21,600円(税込) 本体価格 20,000円
JANコード 4562291260571

第2巻「医療ができる支援の実際」はこちら
第3巻「多職種連携とその進め方」はこちら

総監修=
佐々木正美(川崎医療福祉大学 特任教授)
監修・解説=
田中康雄(北海道大学大学院 教授)

発達障害を取り巻く現状と課題、解決策を療育の視点から学ぶ。

 発達障害は医学的に見ても、わかりにくいと言われます。社会的にもその理解はなかなか進みません。それは発達障害が外から見えにくいからです。発達障害は当事者と周囲との相互関係の中で生まれる障害です。支援の難しさは、そこにあります。
 本作は実際の事例を通して、理解の難しい発達障害の臨床を療育的な視点から学びます。事例では、当事者、家族が出演し、それらに関わる支援者や専門家も登場します。教育、家庭生活、就労、親亡き後の問題、多職種連携など、幅広い内容が全3巻にわたってリアルに網羅されています。

総監修・佐々木正美による第1巻解説

第1巻では、発達障害の歴史的経緯、医学的な発達の定義を学びそれぞれの特性(主として精神遅滞、ADHD、自閉症スペクトラム、学習障害、発達性協調運動障害)の解説、概論を中心に学びます。視聴のポイントとしては、それぞれの障害が単独のものでなく重なり合い、脳機能の障害そのものがその人の生きづらさに直結するのではなく、生活のしづらさに現れるという点を理解することです。また乳幼児期に不適切な養育により見られる虐待や思春期以降に見られる二次障害についても知ることも目的としています。

チャプターリスト

・発達障害の歴史
・発達障害の定義
・インタビュー(保護者と当事者)
・発達障害の内容と出現率
・精神遅滞
・自閉症スペクトラム
・ADHD
・学習障害
・コミュニケーション障害
・発達性協調運動障害
・虐待と併存症
・二次障害 

1234

第2巻「医療ができる支援の実際」はこちら
第3巻「多職種連携とその進め方」はこちら

製作・著作=株式会社中島映像教材出版


※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る