既刊カタログ

Re:ベリーオーディナリーピープル2010
その2 地域連携

タイトル
Re:ベリーオーディナリーピープル 2010
その2 地域連携
収録時間 88分
商品仕様 DVD 1枚
価格 5,400円(税込) 本体価格 5,000円
JANコード 4562291260441

 べてるの家は、いまや精神障がいと取り組む人々の中で、ひとつの潮流を作り出している。革命的ともいえる発想と行動を繰り返し、《当事者の力を信じる》医療という大きな流れを生み出しつつ、べてるの家がある。
 べてるの昆布詰め作業は、いまも続いている。「手を動かすより、口を動かせ」「三度の飯よりミーティング」「安心してサボれる会社づくり」、そんなキャッチフレーズもそのままだ。
 キヨシどんも、佐々木社長も、みんな年をとったけど、まだまだ元気だ。そして、若くて元気で問題だらけのメンバーが、新しい苦労や悩みをいっぱい抱えてべてるに集まっている。べてるは随分変わった。でも、べてるは、やっぱりべてるだった。
 いくつ歳を数えようとも、相も変わらずべてるに魅了されつづける私たちは、2010年の初夏から取材を始め、ふたつの作品をつくった。そこには、いちばん新しいべてるの、ありのままが見えた。いまからおよそ15年前、べてるが生みだした大きな流れを「ベリーオーディナリーピープル」(とても普通のひとたち)として映像で記録し続けてきた映像作家たちに敬意を表しつつ、私たちはこの作品に15年前と同じ名前をつけて、世に送り出すことにした。

浦河べてるの家、精リハ学会ひらきました。

べてるが日本の精神医療に与えた影響は、非常に大きい。2010年、日本精神障害者リハビリテーション学会が浦河で開かれた。人口14,000人の街に、1000人近い関係者が集まる大きな学会がくる。その中心にべてるはいる。精神障害者が病院を出て地域で生きようとする今、べてるが歩んできた道が再認識される出来事だった。

<DVD内容詳細>
1. オープニング
荻野さん夫妻は、べてるで働きながら浦河の街で生活している。出会って恋をして結婚。精神障害者でも当たり前のことが普通にできる。その街に人々が集まってきた。
2. 大会長 基調講演
基調講演からしてやっぱりべてる流。川村大会長の講演をそのまま収録。
3. 地域連携とお弁当
〈この学会の目玉は弁当だ〉川村大会長の一言から始まった。地域の良さ=おいしい食べ物から。
4. ワークショップ
その名も「恋愛、結婚、子育て みんなで考えよう、役立つ支援」。学会の数あるワークショップの中から選びました。恋は全ての万能薬、なんですね。
5. 閉会式・エンディング

1234

その1はこちら

製作=浦河べてるの家/中島映像教材出版
著作=株式会社中島映像教材出版


※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る