既刊カタログ

福島医大版 服薬自己管理モジュール

タイトル
[シリーズ DVDで学ぶ新しいSST]
福島医大版 服薬自己管理モジュール
収録時間 約60分
商品仕様 DVD 1枚
+指導者用マニュアル
+ワークブック
価格 5,400円(税込) 本体価格 5,000円

モジュールをわかりやすく、手軽に、しっかりと学ぶために

 このDVD教材は、アメリカ精神医学会のロバート・ポール・リバーマン先生らの服薬自己管理モジュールを参考とさせていただき、6回のセッションで済ませる短期間用のモジュールです。長年にわたり、福島県立医科大学附属病院心身医療科において活用されてきたものを基本に、DVD版として作り直しました。
 分かりやすく手軽に活用できるように、様々な工夫を施してありますので、広くご活用いただけますようお願いいたします。

「福島医大版服薬自己管理モジュール」を活用される方へ

 服薬自己管理モジュールは、服薬に関する正しい知識を学習し、服薬継続に対するモチベーションを高め、退院後の規則正しい服薬行動を促進する認知行動療法としてその有用性が認められています。すなわち、一般的に講義形式で実施される服薬教室とは異なり、服薬自己管理モジュールは情報処理能力に障害がある患者に対応した教育プログラムから構成されており、さらに、退院後も正しい服薬行動が実施できるようにロールプレイを用いた行動リハーサルを重ねる等の工夫がされています。(中略)
 「福島医大版 服薬自己管理モジュール」は退院後の服薬に際して特に重要と考えられる6項目を選択し、週3回、各1時間程度、2週間で終了するコースとして実施しています。また、この6項目に対応した「福島医大版 服薬自己管理モジュール」ビデオを作成しております。「福島医大版 服薬自己管理モジュール」作成のコンセプトは1.患者のわかりやすい言葉で話す。2.ビデオ映写時間を患者の集中度を考慮し短時間にする。3.患者理解度を増す視覚教材を用いる。4.親近感を増すために身近なスタッフが出演する。としました。(中略)
 「福島医大版 服薬自己管理モジュール」は活用性に富み、非常に使いやすく構成されています。是非、皆さんの業務にお役立ていただきたいと思います。

丹羽真一
(「指導者用マニュアル」前書きより抜粋)

企画=福島県立医科大学附属病院心身医療科
制作協力=SST普及協会
監修・指導=丹羽真一(福島県立医科大学医学部 神経精神医学講座教授)
脚本・指導=福島県立医科大学附属病院心身医療科
  帝京大学薬学部医療薬学第II講座 斎藤百枝美
協力=ヤンセンファーマ株式会社/福島大学演劇研究会
制作・著作=星屑倶楽部(中島映像教材出版 製作・出版部)

※各監修者の所属・肩書き等の表記は、製作当時のものです。

このページのトップに戻る